離婚届

2011年6月30日

 離婚には協議離婚と裁判離婚があります。届け出期間や必要なものなどに違いがありますので、ご注意ください。

また離婚後の氏についても説明していますので、参考にしてください。

 
 

協議離婚


 ●届出期間
  期間は特にありませんが、届け出の日から効力が発生します。

 ●届出人

  夫及び妻

 ●届け出に必要なもの
  ・交野市が本籍地でない場合は戸籍謄本(または戸籍全部事項証明書)が1通必要です
  ・窓口にこられた方のご本人の確認できるもの(運転免許証・パスポート・写真付住民基本台帳カードなど)

 

 注意
  ・離婚届には成人の方2名の証人が必要となります。
  ・離婚する夫妻の間に未成年の子供がいるときは、夫妻のどちらか一方を親権者と定めてください。
   離婚後も夫妻の共同親権とするお届けは受理できません。

 

 

裁判離婚

 

 ●届出期間

  裁判(調停・和解・認諾・審判・判決)確定の日を含めて10日以内


 ●届出人

  裁判の提起者(期間内に届け出をしないときは、相手方も届け出が可能です)

  
 ●届け出に必要なもの

  交野市が本籍地でない場合は戸籍謄本(または戸籍全部事項証明書)が1通必要です。
  また、場合別の必要な書類は次のとおりです。

 

調停の場合

調停調書の謄本

和解の場合

和解調書の謄本

認諾離婚の場合

認諾調書の謄本

審判の場合

審判書謄本及び確定証明書

判決の場合

判決の謄本及び確定証明書

 
※未成年の子の親権者について

親権者は調停・審判・判決のときに決定されます。  

 

 

離婚後の氏について

 

 婚姻によって氏が変わった方は、離婚をすると婚姻前の氏にもどります。婚姻中の氏をそのまま使いたい場合は、

その旨(離婚の際に称していた氏を称する届)を届け出ることによって、その氏を引き続き使うことができます。
 

 ●届出期間

  離婚の日の翌日から3カ月以内(離婚届と同時に届け出をすることもできます)
 

 ●届出地

  本籍地もしくは所在地のいずれかの市区町村役場
 

 ●届出人

  離婚によって氏が変わった方
 

 ●届け出に必要なもの

  交野市が本籍地でない場合は戸籍謄本(または戸籍全部事項証明書)が1通必要です。

    

  ※夫妻のいずれかが外国籍の方の場合は「離婚届(外国籍の方の場合)」をご覧ください。

 

 

関連記事

お問い合わせ

市民課
電話:072-892-0121