交野市水道局公募型指名競争入札実施要綱

2013年5月8日

交野市水道局公募型指名競争入札実施要綱

(趣旨)
第1条 この要綱は、交野市水道局が発注する建設工事の請負契約に係る指名競争入札を適正かつ合理的に執行するため、公募型指名競争入札の実施に当たり必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「公募型指名競争入札」とは、指名競争入札のうち、入札参加の意思のある業者を公募し、その中から入札参加者を指名するものをいう。

(対象工事)
第3条 公募型指名競争入札の対象とする建設工事(以下「対象工事」という。)は、土木一式工事、管工事、舗装工事にあっては、設計価格が1,000万円以上1億円未満のものとし、建築一式工事にあっては設計価格が、2,000万円以上1億円未満のものとする。
2 前項の規定にかかわらず、水道事業管理者(以下「管理者」という。)が、緊急に施行を要すると認めた工事又は公募型指名競争入札により難いと認めた工事は、対象工事としない。


(入札参加資格)
第4条 公募型指名競争入札に参加する者に必要な資格は、対象工事ごとに次に掲げる事項を考慮して定めるものとする。
 (1)交野市水道局建設工事等請負業者選定要綱第5条に規定する入札参加資格における等級別格付
 (2)建設業法(昭和24年法律第100号)第27条の23第1項に規定する経営事項審査数値
 (3)当該対象工事と同規模以上の施工実績及び技術的適正
 (4)入札参加者の事業所の所在地
 (5)前各号に掲げるもののほか、当該対象工事について必要な事項

(審査会)

第5条 管理者は、公募型指名競争入札を適正に行うため交野市水道局公募型指名競争入札参加資格審査会(以下「審査会」という。)を置く。
2 審査会は次に掲げる事項を所掌する。
 (1)対象工事の入札参加資格に関すること
 (2)入札参加申請者の資格審査に関すること
3 審査会の委員は、交野市水道局公共工事等指名競争入札事務取扱要綱(以下「競争入札事務取扱要綱」という。)第2条第2項に定める委員をもって充てる。
4 審査会の運営は、競争入札事務取扱要綱第3条の例による。

(入札参加者の公募)

第6条 管理者は、入札参加資格を決定したときは、速やかに、当該入札に関する事項を記載した書面を、交野市情報公開コーナー及び水道局窓口にて
掲示することにより、入札参加者を公募する。

(入札参加の申出の手続等)
第7条 公募型指名競争入札に参加しようとする者は、申出期限までに、管理者に入札参加の申出を書面でもってしなければならない。

(指名の通知)
第8条 管理者は、入札参加の申出があったときは、速やかに、審査会の審査を経て、その結果を当該申出をした者に通知する。この場合において、指名しなかった申出者には、その理由を併せて通知する。

(設計図書等)
第9条 設計図書等(図面・仕様書等)については、実費販売するものとし、その旨を入札公告において明らかにするものとする。

(入札に参加できない者)
10条 次の各号のいずれかに該当する者は、公募型指名競争入札に参加できないものとする。
(1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当する者
(2) 交野市水道局建設工事等入札参加業者資格者名簿に登録されていない者
(3) 交野市水道工事等指名停止・指名留保基準第2条に基づく指名停止等の期間中の者
(4) 入札参加申出期限までに申出をしなかった者又は入札参加資格を認められなかった者
(5) 交野市水道局発注工事の条件付一般競争入札又は公募型指名競争入札に参加し、落札した者で、その工事を完了していない者
(6)前各号に掲げるもののほか、管理者が入札に参加させることが適当でないと認める者

(補則)
11条 この要綱に定めるもののほか、公募型指名競争入札に関し必要な事項は、別に定める。

附  則

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則
この要綱は、平成18年5月1日から施行する。

 

附 則
この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

 

お問い合わせ

水道局
電話:072-891-0016