平成21年度決算

2011年8月18日
一般会計 歳入 22,426,183 国民健康保険特別会計 歳入 6,830,708
歳出 22,103,872 歳出 6,880,959
差引 322,311 差引 △50,251
繰越財源 52,243 繰越財源
実質収支 270,068 実質収支 △50,251
前年度実質収支 122,802 前年度実質収支 △28,287
単年度収支 147,266 単年度収支 △21,964
           
下水道事業特別会計 歳入 1,547,410 介護保険特別会計 歳入 3,819,946
歳出 2,293,277 歳出 3,752,767
差引 △745,867 差引 67,179
繰越財源 500 繰越財源
実質収支 △746,367 実質収支 67,179
前年度実質収支 △802,856 前年度実質収支 54,971
単年度収支 56,489 単年度収支 12,208
           
老人保健特別会計 歳入 87,189 公共用地先行取得事業特別会計 歳入 838,452
歳出 4,522 歳出 838,452
差引 802,667 差引
繰越財源 繰越財源
実質収支 82,667 実質収支
前年度実質収支 67,542 前年度実質収支
単年度収支 15,125 単年度収支
           
後期高齢者医療特別会計 歳入 659,104 合  計 歳入 36,208,992
歳出 638,962 歳出 36,512,811
差引 20,142 差引 △303,819
繰越財源 繰越財源 52,743
実質収支 20,142 実質収支 △356,562
前年度実質収支 16,048 前年度実質収支 △569,780
単年度収支 4,094 単年度収支 213,218

 

【決算概要】
 平成21年度決算は、一般会計及び特別会計を合わせた7会計において歳入総額362億899万2千円、歳出総額365億1,281万1千円、歳入歳出差額は3億381万9千円の赤字で、繰越明許費の一般財源5,274万3千円を差し引いた実質収支額は、3億5,656万2千円の赤字となりました。
一般会計の歳入は引き続く景気低迷の影響などから、市税全体が前年度に比べて減少し、その中でも個人市民税が大きく減少しました。しかし国の交付税の総額が増加になったのを受け、地方交付税が増加となりました。
 歳出では、退職による職員数の減少などから、人件費が大きく減少しましたが、市立小・中学校へのデジタルテレビ、教育用コンピューターの導入や幼児園を含む耐震補強診断実施などにより教育関係の支出が増加しました。他にも、介護・訓練等給付や生活保護受給者などの増加により、民生関係の支出も増加となりました。
 本年度は基金の取り崩しを行わず、実質収支額が2億7,006万8千円の黒字となりました。

 

 

普通会計決算詳細

 

普通会計決算概要(405KBytes)

 

普通会計決算資料(201KBytes)

 

財務諸表

お問い合わせ

財務課
電話:072-892-0121