東日本大震災の被災者に係る市・府民税の減免について

2011年8月18日

 この度の東日本大震災により被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 交野市では、被害を受けられました納税義務者に対し、個人市・府民税の減免措置を行います。対象となる方は、次のとおりです。


減免の基準

 

  1. 災害により納税義務者が死亡し、相続人において納付が著しく困難と認められるとき
  2. 災害により納税義務者が生活保護を受けることになったとき
  3. 災害により納税義務者が障がい者になったとき。もしくは、障がい者となるに至らないが一定程度の重症となったとき
  4. 前年中の合計所得金額が1,000万円以下の納税義務者で、納税義務者、控除対象配偶者又は扶養親族が所有する住宅又は家財につき、災害により受けた損害の金額(保険金、損害賠償金などにより補てんされるべき金額を除く)がその住宅又は家財の価格の10分の3以上であるとき
     

     上記の基準に該当した場合は、申請(納期限の7日前まで)に基づき、一定の割合により減免を受けることができる場合があります。詳しくは、下記までご相談ください。
        

お問い合わせ

税務室
市民税係
電話:072-892-0121(代表)、120~122(内線)