かたの☆夢・元気プロジェクト会議

2016年9月21日

かたの☆夢・元気プロジェクト会議は、平成26年3月の交野市産業振興基本計画の策定と交野市産業振興基本計画推進会議の発足に伴い、解散しました。

 

かたの☆夢・元気プロジェクト会議 発足の経緯

 平成18年7月、市の産業活性化施策について検討するため、交野市産業活性化委員会が組織されました。その後、約2年10ヶ月・33回にのぼる会議での検討の結果、平成21年5月に最終提言を市長に提出し、委員会は発展的解消をいたしました。
 その後、この提言を見守り、育て、市民・事業者・行政の間をつなぐ委員相互に創造的提案を出し合い、話し合う場としてあらたに創設されたのが、「かたの☆夢・元気プロジェクト会議」です。

 

  • 旧交野市産業活性化委員会のページは → こちらをごらんください 

 

メンバー構成

 産業活性化委員会から引き続き市内商工業団体の代表者・農業関係者・観光協会代表者及び行政職員による委員14名とオブザーバー2名の計16名で構成されています。

 また、勉強会などを開催する場合は、外部より説明員を招聘することもあります。
 

 

会議

 

★会議
 委員の産業活性化に対する創造的提案発案の場として不定期の会議を開催しています。会議の方向性や産業活性化への課題、プロジェクトチームの活動監督、産業活性化委員会最終提言に基づく市施策の進捗状況報告・検討などが議論されます。

 

★プロジェクトチーム
 会議の下に必要に応じて設置される専門機関で、会議で発案された産業活性化策の具体的検討・調査研究・事業企画などを行います。随時開催。現在産業活性化委員会から引き続いて「地産地消」プロジェクトチームが設置されています。

 

 

目的 ・ 事業

 

かたの☆夢・元気プロジェクト会議は、交野の産業活性化を目指し、以下の事業を行います。

 

★「交野市産業活性化への提言」の進行管理
 平成21年5月に交野市産業活性化委員会から提出された「交野市産業活性化への提言」について、市がどのように今後の施策へ反映させていくのかを担当課より定期的に報告を受けながら、「10年後の交野」の理想実現に向け、提言と市の将来を見守っていくことが求められています。

 

【産業活性化委員会最終提言について】


★産業活性化についての情報交換、課題に対する創造的提案の場として
 本会議のように市内の様々な業種の事業者や団体代表、行政職員が一同に会し意見を交わす機会はあまりないことから、この貴重な場を利用し、各産業間の情報交換や課題の掘り起こし、各委員のノウハウを結集して課題解決に臨むとともに、新たな発想を自由に意見し合える「創造的提案」の場としてこの会議は機能してまいります。

 

★夢・元気プロジェクトの推進
 「交野市産業活性化への提言」に基づき、交野市の産業活性化を包括的に推進する「かたの☆夢・元気プロジェクト」。まだスタート地点に立ったばかりですが、今後交野市の主幹産業である農業を中心に、商・工・観光産業との連携や、環境、まちづくりまでを多角的にきめ細やかに把握・検討し、市財政や各種周辺事情も考慮しながら、将来の交野にとってより良い道は何かを各委員・団体が一丸となって模索・検討してまいりたいと考えております。

 

★プロジェクトチームによる具体的な事業実施 
 会議のもとにプロジェクトチームを置き、専門性の高いメンバーを招聘することにより事業をより深く検討・実施していきます。現在「地産地消」チームを創設しております。
 また、このチームの設置目的には、市内の起業者や次世代の経営者などの積極的な参加を促し、実際の事業実施に関与することで経験を積み、将来の産業界を牽引する人材を育成することも企図しています。

お問い合わせ

地域振興課
電話:072-892-0121