火災事例 放火にご注意!!

2012年1月4日

  177_syota.jpg放火に注意!!176_syota.jpg

 

 

みなさん、火災原因のトップクラスは放火ということをご存じですか!?

当市でも、増加傾向にあります。

全国的に見ても平成22年において、総出火件数46,620件中、「放火(疑いを含む)」は、9,551件で、全体の「20.5%」と1位になっています。

 

 

     当市で実際にあった放火(放火の疑いも含む)事案

 

                            ・駐輪所に置いていた自転車のカゴが燃やされた。

                            ・公園に不法に投棄されていたゴミが燃やされた。

                            ・郵便受けに投函してある新聞が燃やされた。

                            ・何者かが火の点いたゴミを家の敷地に投げ入れ家の壁が燃えた。

 

 

                     ○「仕事のストレス」「消防車のサイレン音が好き」など、様々な理由で放火されることがあります。。。

                     ○大切なのは、「自転車やバイクのカゴに物を置いたままにしない」「車やバイクのボディーカバー

          を防火品にする」「夜間にゴミを放置しない」防火訓練などを行い、地域住民の防火意識を高める」

          等の「放火されない環境づくり」が大切です!!

                                              228_syota.jpg

     こんな不審者には注意!!!

お問い合わせ

消防本部 警備課
電話:072-892-0013