第46回消防救助技術近畿地区指導会に出場しました

2017年8月14日

logo.png 

 

 

 

 

 

 

kyujyotaikaitoha.jpg

 

 毎年夏に開催される「消防救助技術近畿地区指導会」(救助大会)は、昼夜を問わず発生する火災や災害から、地域住民を守る隊員の知識や技術を披露し、さらなる救助技術の錬磨と強靭な体力・精神力の向上を目的として実施され、毎年1000名以上の隊員が参加しています。

 

 

 交野市消防本部では、陸上の部「はしご登はん」に出場しています。この種目には約100名の隊員が参加しており、大阪府下で1位入賞を果たせば、「全国消防救助技術大会」への出場が可能となります。そのため隊員は日々厳しい訓練に励んでいます。

 

  

 

hasigotohannnituite2.jpg

 

 隊員は自己確保ロープ(コイル巻きもやい結び)を作成して身の安全を確保し、垂直に伸びるはしごに飛びつきます。はしごの長さは15m(建物5階に相当)あり、手足を交互に掛けて、テンポよく、確実にゴールを目指してはしごを登ります。訓練の目的は、災害建物への進入等を目的とし、消防活動には欠かせない訓練です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      ~第46回消防救助技術近畿地区指導会~

 

 

 

 

☆結果報告☆

 

 先日開催されました指導会ですが、交野市消防本部より出場選手4名とも入賞を果たすことができました。

また、交野市での歴代タイムを大きく更新することができました。全国大会出場への切符を手にすることはできなかったものの、選手のレベルアップが見れたと感じます。

この事を来年の指導会、また日頃の業務に活かしていきます。応援ありがとうございました。

 

 

 

 

☆大会写真☆

  

     IMG_4274.jpg        IMG_4281.jpg 

 

 

 

      IMG_4289.jpg

             

 

☆市長表彰☆

 

                                                                                                                                  

   

   DSC_0301.JPG      DSC_0304.JPG

 

topページに戻る

 

 

 

 

 

お問い合わせ

消防本部 警備課
電話:072-892-0013