ごみ集積場所のカラス対策について

2011年11月17日

ごみ集積場所のカラスによる

        散らかし被害を防ぐには・・・

 

42.jpg 41.jpg

 

ごみの出し方を工夫しましょう!!

 

○ 生ごみを減らす!

 カラスにとって生ごみは食べ物。食材を上手に使いきり、食べ残しをしないようにしましょう。

 

○ 生ごみの排出を工夫する!

 カラスは主に目で食べ物を探します。生ごみは小袋に入れ、ポリ袋の中心に配置しましょう。

 

○ ごみ出しルールを守る!

 収集日前日からごみを出さない。(カラスに荒らされる可能性が高くなります。)

 

○ カラスよけネットを利用する!

  • ネットを利用することは、カラスに荒らされない効果的な方法です。
  • ネットを用意するときは、5ミリ以下の細かい網目のもので、地域の皆さんが排出される
    ごみ袋全体を覆うことができる大きさのネットを選びましょう。
  • ネットを利用するときは、ごみ袋をネット内にきっちりと納め、はみ出さないよう注意しましょう。
    また、ネット上にごみを置くのもやめましょう。
  • ネットの端を重りで押さえると、風めくれ防止になり効果的です。

 

53.jpg 40.jpg
54.jpg 48.jpg

良い例:細かい目のネットで全て覆う

     ネットの端を重りで押さえる

悪い例:ネットからごみがはみ出ている

     ネットの上にごみを置いています

 

○ 皆さんで取り組みましょう!

 カラス対策は、ひとりの認識だけではなく、ごみ集積場所を利用されている皆さんの取り組みが

効果的な手立てとなります。

 ごみ集積場所は、利用する皆さんが自主的に管理する場所です。日ごろから協力して、ごみ集積

場所の美化に努めましょう。

 

地域の環境美化に努めましょう!!

 ※カラスよけネットは、市では配布しておりません。各ごみ集積場所単位でご用意ください。

 

お問い合わせ

環境事業課
電話:072-892-2471