公的資金保証金免除繰上償還について

2012年5月24日

公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画について

 過去の高利な市債の一部を繰上償還し、更なる財政健全化を推進します。

 

 公的資金補償金免除繰上償還とは、過去に発行した高金利の地方債の公債費負担の軽減を図るため、一定条件を満たす地方公共団体を対象に、財政健全化を前提条件として、金利5%以上の公的資金の補償金免除繰上償還が認められるものです。繰上償還の財源としては、民間資金等による借換債が発行できます。

 公的資金とは、旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、公営企業金融公庫資金のことで、従来、繰上償還をする場合は補償金の支払いが必要であった資金です。

 この制度は、平成19年度から平成21年度までの臨時的措置として講じられ、交野市公共下水道事業も高金利の市債の負担を軽減させるため、平成19年度に公営企業経営健全化計画を策定し、約4,000万円の繰上償還を行い、完済までに約5,800万円の効果が見込まれます。

 その後、制度が平成22年度から平成24年度までの3年間延長されることとなったため、平成22年度に当初計画(平成19年度策定)を延長する形で公営企業経営健全化計画を改定し、平成22年度・平成23年・平成24年度の3ヶ年で約9億円の繰上償還を行い、完済までにそれぞれ約1億1,800万円・約5,000万円・1,200万円の3ヶ年合計約1億8,000万円の効果が見込まれます。

 

 

下水道事業経営健全化計画(平成19年度)(563KBytes)                      執行状況(19年度承認分)(289KBytes)

 

 

 

下水道事業経営健全化計画(平成22年度)(574KBytes)                                    執行状況(22年度承認分)(196KBytes)

 下水道事業経営健全化計画(平成22年度)一般会計加算分(104KBytes)

 

お問い合わせ

下水道課
電話:072-892-0121