東日本大震災支援にリユース自転車を寄贈(第1陣)

2012年8月23日

環境事業所では、東日本大震災で被災された方々の為に、リユース自転車50台を

宮城県東松島市に寄贈しました。
 
このリユース自転車は、廃棄された自転車を、私たち環境事業所職員が修理しました。

また、寄贈するに当たり、実際に自転車製作作業にあたっている職員4名を派遣し、

自転車の点検・修理を行いました。

 

 


  

5月20日(金曜日)    リユース自転車寄贈出発式   いきいきランド交野

 

 

123.jpg 

 


 

5月22日(日曜日)         午前は東松島市民体育館でリユース自転車50台荷降ろし

                  午後は東松島コミュニティセンター・赤井市民センター・有明集会所 修理台数19台

 

 

niorosi.jpg higasisagyou.jpg

 


  

5月23日(月曜日)     関の内学習等供用施設・矢本運動公園・横沼地区センター           修理台数50台

 

 

sekinouti.jpg 2niti.jpg

 


 

5月24日(火曜日)     牛網学習等供用施設・大塩市民センター・下二郷コミュニティセンター

                 東松島コミュニティセンター                             修理台数40台

 

 

3niti1.jpg 3niti3.jpg

 


 

 - 編集後記 -

 

平成23年3月11日に発生した東日本大震災の支援としてリユース自転車50台を寄贈し、3日間

 

被災地に滞在して修理した自転車は109台になりました。

 

大震災が発生してから2ヶ月後に初めて被災地に訪れて目の当たりにした光景は、自然の恐ろし

 

さを感じさせられるものでした。

 

瓦礫の撤去作業や仮設住宅の建設が行われていました。

 

被災者の方にお話を伺うと、「様々な方がボランティア活動をしてくれて大変助かっている」・「

 

所は窮屈で仮設住宅に入居できるのが待ち遠しい」・「まだまだ物資が足りていない」と言ってお

 

られました。

 

自転車の修理をしていると持ち主の方からは、感謝の言葉をもらいました。

 

自転車の修理を通じて、被災された方々とお話して感じた事は、『物の大切さ』です。

 

私たちの生活は大量生産・大量消費から少しずつですが、変わろうとしています。

 

しかし、ごみの収集をしていると、少し修理をしたら使える物や袋も開けていない新品の物が捨てら

 

ている事もあります。

  

物を簡単に捨てずに、少しでも長く使えるような工夫をすれば、家庭でできるエコにつながると考え

 

います。

 

私たちも、もう一度原点に立ち『大切さ』を考える機会になりました。 

 

今後も継続して支援を行うことで、被災した方々の役に立てればと思っています。

 

 

NEC_0097.jpg hennsyuu1.jpg

お問い合わせ

環境事業課
電話:072-892-2471