成年後見制度利用支援事業について

2014年3月31日

 

認知症等の高齢者や、その親族に対して、成年後見制度の申立てに関する相談に応じます。

 

 

●「成年後見制度」とは

  認知症の方、知的障がいのある方、精神障がいのある方など、判断能力の不十分な方々は、財産管理や身上監護(介護、施設への入退所などの生活について配慮すること)についての契約や遺産分割などの法律行為を、自分で行うことが困難であったり、悪徳商法などの被害にあう恐れがあります。

  このような方々を、支援する後見人等を裁判所が選任します。

 

 

●申立ての相談・支援

  相談窓口:交野市地域包括支援センター

  成年後見制度の申立てを行う親族等に対し、書類作成等手続きに関する相談に応じます。

 

                                                    

                

●申立て費用の助成

  交野市在住の認知症高齢者に対する申立てを行う親族が、その費用の捻出が困難な場合に助成します(後見人選任後、認知症高齢者等ご本人より変換いただく場合があります)。

 

 

 

●後見人等報酬費の助成

   後見人等の報酬助成を受けなければ制度の利用が困難な方に対し、その費用の一部または全部を助成します。

 

     

                

        

 

 

 

 

お問い合わせ

高齢介護課
電話:072-893-6400