不妊症・不育症について

2016年1月6日

不妊症について

 

子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず、子どもに恵まれない夫婦はおよそ10組に1組といわれており、不妊治療を受ける夫婦は年々増加しています。

不妊治療のうち、体外受精および顕微授精(「特定不妊治療」という)については、保険適用がされず、1回の治療費が高額であることから、子どもを持つことをあきらめざるを得ない方も少なくありません。

大阪府では、これらの治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療に要する費用の一部を助成しています。

詳細は、下記をご覧ください。

  

  

不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成制度が変わります

 

不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成制度の改正により、平成28年4月1日から、治療開始時に妻の年齢が43歳以上である場合は助成の対象外になります。

助成を希望される方は、対象条件、助成額、申請方法等の詳細について、大阪府のホームページをご確認ください。

 

 

「不妊に悩む方への特定治療支援事業について」(大阪府ホームページ) 

http://www.pref.osaka.jp/kenkozukuri/boshi/josei.html

 

不育症について

 

妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子どもを持てない場合、不育症と呼びます。

一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を探索します。

厚生労働省は研究班を設けて、不育症の原因や治療方法について研究しています。

詳細は、下記をご覧ください。

 

 

「Fuiku-Labo フイクーラボ」(厚生労働省研究班ホームページ)

http://fuiku.jp/fuiku/

 

 

※大阪府では不妊・不育にまつわる相談窓口を設けています。

  詳細は、下記をご覧ください。

 

 

「大阪府不妊専門相談センター」(ドーンセンター)

 http://www.dawn-ogef.jp/funin-osaka/

お問い合わせ

健康増進課
電話:072-893-6405