「指定緊急避難場所」「指定避難所」の指定と「一時避難地」の指定の廃止について

2015年4月22日
災害対策基本法等の一部を改正する法律について

 

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、従来、切迫した災害の危険から逃れるための避難場所と、避難生活を送るための避難所が

 

必ずしも明確に区別されておらず、被害拡大の一因ともなりました。そこで、今後の防災対策を充実・強化するため、平成25年6月21日付で災害

 

対策基本法等の一部を改正する法律が公布、施行されました。

 

 今回の改正により、市町村長は、防災施設の整備の状況、地形、地質、その他の状況を総合的に勘案して、地震や風水害などの異常な現象

 

の種類ごとに安全性等の一定の基準を満たす「指定緊急避難場所」と避難者等が一時的に滞在するための一定の基準を満たす「指定避難所」

 

としてあらかじめ指定し、住民に周知しなければならないとされました。

 

 

これまでの避難場所等について

 

 

 交野市では、これまでに大規模災害の発生に備え、市内小中学校及び公民館等を避難所として、また、一部の公園等を一時避難地として指

 

定をしてきました。

 

□避難所 25箇所

 

交野市内の小中学校14校、青年の家武道館、総合体育施設(いきいきランド交野)、星田西体育施設、交野会館、郡津公民館、倉治公民館、

 

私部会館、寺会館、森区民ホール、私市会館、星田会館

 

□一時避難地 4箇所

 

・倉治公園 ・私部公園 ・天野川緑地 ・星田公園

 

 

今後の避難場所等について

 

 

 

 

 

□指定緊急避難場所 18箇所

 

 市内全ての小中学校の建物以外の部分及び倉治公園、私部公園、天野川緑地、星田公園を「指定緊急避難場所」として改めて指定します。た

 

だし、避難対象の事象は施設ごとに異なりますので、詳しくは別添の一覧表からご確認下さい。

 

 

 指定緊急避難場所一覧.pdf(65.2KBytes)

 

 

□指定避難所 26箇所

 

 

 既存の避難所及びゆうゆうセンターを新しく「指定避難所」として改めて指定します。ただし、避難対象の事象は施設ごとに異なりますので、詳しく

 

は別添の一覧表からご確認下さい。

 

 

 指定避難所一覧.pdf(65.1KBytes)

お問い合わせ

危機管理室 安心安全担当
電話:072-892-0121