枚方信用金庫との包括連携協定について

2016年7月29日

交野市と枚方信用金庫が包括連携協定を締結しました

交野市と枚方信用金庫は、地域経済の活性化及び人口減少社会における地域の持続的発展を目指し、相互の人的、物的資源を共有、活用をし、様々な分野で連携・協力を図るため、包括連携協定に関する協定書を締結しました。(交野市と枚方信用金庫との包括連携に関する協定書.pdf(128KBytes)

締結式は平成28年7月22日(金)午後1時から交野市役所本館3階第2委員会室で行われ、交野市の黒田実市長と枚方信用金庫の吉野敬昌理事長が出席しました。

なお、包括連携協定に関する具体的な内容は以下のとおりです。

 

    枚方信用金庫包括連携協定.jpg    

左から、交野市:黒田実市長、枚方信用金庫:吉野敬昌理事長

☆協定書における連携・協力分野

情報発信の分野  (1) 地域資源を活用した市政のPR   
教育の分野 (2) 子どもたちの育ちや学びの支援
健康の分野 (3) 健康寿命の延伸
環境の分野 (4) 次世代エネルギーの活用
産業振興の分野 (5) 地域産業の活力の創造
安全安心の分野 (6) 安全で安心の暮らしづくり
空き家に係る分野  (7) 空き家防止に係る取組み及び空き家活用
上記以外の分野 (8) その他市民サービスの向上・地域活性化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆具体的な取組み

(1) 店舗を活用した市政の情報発信(おりひめ情報ステーションの設置)など

(2) 金融啓発学習の支援など

(3) 市の健康施策と金融商品とのコラボなど

(4) 太陽光パネルなど次世代エネルギー導入・活用に向けた資金調達手法の支援など

(5) 創業支援など

(6) 地域における高齢者の見守り・安否確認活動など

(7) 空き家予防に係る相談窓口など

(8) 公共施設整備におけるアドバイザー派遣等支援、まちの図書館化事業など

 

 

お問い合わせ

政策企画課
電話:072-892-0121