証明発行時の本人確認

2017年9月14日

証明発行時に本人確認をしています

平成20年5月1日に、証明書の不正な取得や虚偽の届出などを防ぎ、個人情報を保護するために住民基本台帳法および戸籍法が改正されました。

 

このことにより、住民票の写しや戸籍に関する証明書の請求をするときや、引っ越しなどでの住所異動届出をするときは、本人確認書類の提示により、本人確認を行うことが義務付けられました。また、税証明についても同様の取り扱いといたします。

 

  • 窓口での受付時に、本人確認書類の提示を求めますので、ご協力をお願いいたします。
  • 本人確認ができない場合は、証明書の交付などができませんのでご注意ください。
  • 該当する書類がない方、ご不明な点がありましたら事前にご相談ください。

 

代理人につきましては、本人確認のほか、委任状などの書面により代理権限の確認も行います。

 

 委任状.pdf(100KBytes)

 

 

 

本人確認書類 

1点確認でいいもの

2点確認が必要なもの(ア)

 
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 障がい者手帳
  • 運転経歴証明書
  • 療育手帳
  • 戦傷病者手帳
  • マイナンバーカード(個人番号カード) 

    ※通知カードは不可

  • 写真付住民基本台帳カード
  • 海技免状
  • 電気工事士免状
  • 無線従事者免許証
  • 動力車操縦免許証
  • 小型船舶操縦免許証
  • 宅地建物取引主任者証
  • 教習資格認定証
  • 検定合格証
  • 船員手帳
  • 官公署職員の身分証明書

     ※有効期限内の原本のみ※

 

  • 健康保険被保険者証

  • 介護保険被保険者証

  • 年金手帳

  • 年金証書

                  

2点確認が必要なもの(イ)

 

  • 学生証、社員証
  • クレジットカード
  • 通帳またはキャッシュカード
  • 診察券

                  

 

※2点確認が必要なものの場合は、(ア)+(ア)もしくは(ア)+(イ)の確認になります。(イ)+(イ)では発行できませんので、ご注意ください。

 

お問い合わせ

市民課
電話:072-892-0121