重要無形文化財の指定について

2017年7月22日

 

 

交野市内在住の重要無形文化財保持者1名の認定が文部科学大臣に答申されました 

 

 

 

平成29721日(金曜日)に国の文化審議会が開催され、交野市内在住の重要無形文化財保持者1名の認定が文部科学大臣に答申されました。

今回追加認定(総合認定)される市内在住の重要無形文化財保持者は次のとおりです。

 

 

 

芸能の部 人形浄瑠璃文楽・人形

 

芸  名  吉田 玉翔(よしだ たましょう)

 

氏  名  藤田 圭(ふじた けい)

 

生年月日  昭和50年(19751218日(満41歳)

 

所  属  人形浄瑠璃文楽座

 

 

 

「人形浄瑠璃文楽」は、昭和30512日に重要無形文化財に指定され、現在54名の保持者がいらっしゃいます。

このたび、吉田氏を含む7名の方が保持者として追加認定(総合認定)されることになりました。

交野市内在住の方が無形文化財保持者として認定されるのは初めてのことになります。

 

 

 

 

 

参考サイト(外部)

 

 無形文化財(文化庁HPhttp://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/mukei/

 

人形浄瑠璃文楽(文化遺産オンライン)http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/147054

 

 

 

 

お問い合わせ

社会教育課文化財係
電話:072-893-8111