パナソニック株式会社との共同による高齢者見守り実証実験を行います

2017年9月5日

交野市では、地域包括ケアシステムの構築に向け、高齢者の在宅生活を支援する取り組みとして、パナソニック(株)と協定を結び、「遠隔在宅ケアサポート・システム実証実験」を平成29年9月から実施します。

 

この実証実験では、エアコンやセンサー、カメラなど最新のICT(情報通信技術)/IoT(モノのインターネット)技術を活用し、遠隔地からも独り暮らしの要介護高齢者の様子を見守ります。

 

これにより、別居の家族やケアマネジャーが、手軽に高齢者の体調把握や緊急時の安否確認ができるほか、普段の訪問やヒアリングだけではわからなかった高齢者の生活リズムや行動パターンを分析して、適切なケアサービスの提供に反映してまいります。

 

今回の実証実験を通じて、高齢者がいきいきと安心して暮らし続けることができるまちづくりの一層の推進に努めてまいります。

 

 

 

 

 

 パナ実証実験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

高齢介護課
電話:072-893-6400