本年度の重点目標

    人権尊重の精神に則り、生徒一人ひとりを見つめ大切にする教育活動を推進
    し、たくましい体と、自ら学ぶ意欲をもって、社会の変化に主体的に対応できる
    能力の育成をはかる。

  1.人権教育の充実
    人権を尊重し、人権問題についての正しい理解と認識を深め、差別を許さない
    生徒集団を育てるとともに、豊かな感性を育てる。

  2.教科学習の充実
   ・生徒の自主的学習意欲を育て、主体的に学習する態度を身につけさせるため
    に、ICT機器の効果的な活用をはじめ、指導方法や指導内容の工夫改善を図
    る。
   ・研究授業等に積極的に取り組み、授業力の向上を図る。
   ・少人数授業を一層充実させ、個に応じたきめ細やかな指導をさらに推進する。
   ・「総合的な学習」の内容の検討を進めるとともに、教材等の研究に更に取り組
    む。

  3.生徒指導の充実
   ・基本的生活習慣を身につけさせ、健全な生活態度を育てるとともに、集団の中で
    協調しながら、自他共に伸長する生徒の育成を図る。(規範意識の向上)
   ・生命の大切さや人を思いやる心など、豊かな人間性と社会性を育成するため、
    道徳教育を基盤とした心の教育を推進する。
   ・積極的に健康衛生に留意し、安全な生活を営む態度・習慣を育てる。
   ・安全教育を計画的・継続的に行う。とりわけ危急の際に生徒が自らの命を守る
    ための「主体的に行動する態度」を養うための防災教育に取り組む。

  4.生徒会活動の充実
    学級活動、生徒会活動を活発化させ、主体的意欲的に行動できる生徒を育て
    る。

  5.支援教育の充実
    障がいに応じた指導の工夫と研修を重ね、全校的な協力体制をもって支援教育
    を推進する。

  6.国際教育の推進
    ALT制度を十分に活用し、生徒に国際感覚を身に付けさせるとともに、「異」を
    認め合い、尊重する態度の育成を図る。

  7.小中連携、保護者・地域との連携の推進
   ・小・中学校9年間の学びを一体のものととらえ、校区小学校との小中連絡会や
    体験授業・授業交流を通して継続的な学習指導・生活指導を行い、校種間の
    段差を解消する。
   ・通信やホームページを活用し、学校からの情報を積極的に家庭・地域に発信す
    る。
   ・学校支援地域本部事業を有効に活用し、家庭・地域との連携を図って相互理解
    を深めるとともに、保護者・地域の方々の協力のもと、地域の人材等の積極的な
    活用に努める。