5年 陶芸教室

地域講師 吉向 松月様を迎えて、吉向焼・吉向窯の歴史の話などを聞き、ろくろを使って茶碗作りを実演していただいた。
そして、児童たちは、手ひねりをしながら、茶碗作りを体験した。

    


    


2日目、1日乾かして、茶碗の高台づけを体験した。その後1ヶ月以上乾かして、1月に入って、電気窯で素焼き〜釉薬づけ
〜本焼きと作業が続いていきます。