避難所運営訓練HUG(5年)

 5年生は、1月27日の3・4時間目に避難所運営訓練HUGを行いました。摂南大学の池内先生のご指導のもと、学生13名にファシリテーターになっていただき、大地震が起きて、地域の方々の避難所が本校になった前提で進めていきました。
 始め戸惑っていた子どもたちも、いろいろな事情がある方々が避難してくるので、みんなで協力して取り組みをすすめていきました。

HUG・・・・静岡県が開発した避難所運営ゲーム。大地震は発生すると、避難所には様々な事情の避難者がきます。HUGでは、1名の避難者を1枚にカードに見立て、避難所のなかに居住スペースを考えていきます。今回、5年生が避難所を運営する立場と想定して、避難所運営疑似体験をしました。

次へ

大学の先生から、趣旨説明。大学生が進行。ゲームの条件提示もありました。

ゲームの開始。地域の方々も参観に来てくださいました。