着衣泳

 7月15日(金)4年生は、着衣泳を行いました。
 着衣した状態で海や川に落ちてしまった時、どのように命を守ればいいのかを
身をもって体験してもらいました。

 ぬれた服のまま、いつものように泳ぐことは難しいこと。
 水の中では、うまく服をぬぐことができないということ
 命を守るためには「浮き続ける」ということが一番大切だということ
 ペットボトルやランドセル、周りに落ちているものを使って浮き続けること

 暑い夏、水辺で遊ぶ機会が多くなります。
事故には十分気をつけて、楽しい夏休みを送りましょうね。