修学旅行(広島方面)

 10月23日・24日に広島に、広島に修学旅行へ行きました。この日までに、6年生は国語や社会科、総合的な学習の時間を使って平和について学習をすすめてきました。
 1日目は、平和記念公園へ行きました。実際に自分の目で見た原爆ドームは教科書やインターネットで見るよりも圧倒的な迫力がありました。崩れ落ちたレンガや骨組みだけになった屋根など、本当にそこだけが「時が止まっている」ようでした。資料館では、一つひとつの展示を時間をかけて真剣に見つめる子どもたちの姿が印象的でした。また、当時の戦争を実際に体験した語り部さんのお話も聞かせていただきました。つらく悲惨な当時の様子が目に浮かぶようでした。子どもたちは語り部さんの言葉を胸に刻むようにしっかりとメモを取りながら聞くことができました。

   
 

 2日目は厳島神社を見学しました。1学期に社会科で源平の合戦について学習したことを思い出し、子どもたちからは歓声があがっていました。参道でお買い物タイムを楽しんだ後には、運良く潮が引き、大鳥居の近くまで歩いて行くことができました。「クレーン車もなかった時代にこんな立派なものをどうやって立てたのだろう。」子どもたちは益々歴史に興味をもったことだと思います。昼食を食べた後は宮島水族館へ行きました。かわいいアシカのショーを見たり、班の友だちといろいろな海の生き物を見て回ったり、楽しい時間を過ごすことができました。




 今回の修学旅行で学んだことをこれからしっかり振り返り、自分たちの平和についての考えを深め、まとめていきたいと思います。

    

※11月の全校集会で、1年生から5年生へ向けて、修学旅行の報告をしました。平和記念公園で行ったセレモニーを再現し、実際に歌った歌を聴いてもらいました。