新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について(お願い)

公開日 2021年01月19日

更新日 2021年01月25日

 新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について(お願い)

 

 新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大しており、多くの方々が不安を抱えていることと思いますが、不確かな情報に惑わされ、人権侵害につながることのないよう、公的機関の提供する正確な情報をご確認いただき、冷静な行動をお願いします。

 また現在、感染した人やその家族、医療従事者等が、偏見や差別につながる風評被害に苦しんでいます。
   このような偏見や差別は決してあってはならず、許されるものではありません。

 だれもが感染者、濃厚接触者になりうる状況であることを受け止め、お互いに相手のことを思いやる気持ちを持っていただきますようお願いします。

 

 

新型コロナウイルス感染症に関連する人権相談について(法務省・市)

法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。
困ったときは、一人で悩まず相談してください。

法務省の人権相談窓口一覧(別ウインドウが開きます)

また交野市では、人権なんでも相談を、毎週月・水・金曜日(祝日除く)の各13~15時に実施しておりますので、お気軽に下記までお問い合わせください。

人権と暮らしの相談課 TEL:072−817−0997

 

政府インターネットテレビでの啓発動画

「新型コロナウイルス対策6」篇 『人権への配慮について』(別ウインドウが開きます)

 

新型コロナウイルスによる感染症の拡大防止のガイド(日本赤十字社)

「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」[PDF:3.88MB]

 

【日赤公式YouTubeチャンネル】絵本アニメーション「ウイルスの次にやってくるもの」(日本赤十字社)

 

新型コロナウイルス感染症と人権に関する座談会((公財)人権教育啓発推進センター)

参考:(公財)人権教育啓発推進センターのトップページ http://www.jinken.or.jp/(別ウインドウが開きます)

 

新型コロナウイルス感染症に関連した差別や虐待に対する法務大臣ビデオメッセージ

「国民が一丸となって感染症の拡大に立ち向かうべきときに,感染者や医療従事者、外国人を傷付けるような差別や誤解、偏見は決してあってはなりません。」
「DVや虐待の増加も心配であり、被害を受けた方、被害を見聞きした方も、一人で悩まずに相談してください。」

法務大臣ビデオメッセージの詳細は、以下YouTube法務省チャンネル内の動画をご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症に関連した文部科学大臣メッセージ

文部科学省は、新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向け、児童生徒や学生、学校関係者、保護者、地域住民などに向けた、文部科学大臣からのメッセージを発表しました。

文部科学大臣からのメッセージ(文部科学省公式ホームページ内)(別ウインドウが開きます)

 

みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト。

 シトラスリボンプロジェクトとは、新型コロナウイルス感染者や医療従事者等への差別をなくそうと、愛媛県の有志グループがつくったプロジェクトです。
   愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけるなどして、たとえウイルスに感染しても、だれもが地域で笑顔の暮らしを取り戻すことができるように、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めるもので、現在、この運動が全国に広がっています。  

 

ロゴ

リボンやロゴの3つの輪は、「地域」「家庭」「職場(または学校)」を表しています。

交野市は、思いやりの輪を広げることにより、コロナ禍で発生した差別や偏見をなくしていこうという、こうした取り組みに賛同し、引き続き、偏見や差別をなくすための取り組みを進めます。

シトラスリボンプロジェクトの詳細やシトラスリボンの作り方については、シトラスリボンプロジェクト公式ホームページ(別ウインドウが開きます)をご覧ください。 

 

以下は、交野市に寄せられたリボンです。

リボン3 リボン1

      
 
 

お問い合わせ

人権と暮らしの相談課
TEL:072-817-0997

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード