新型コロナワクチンの住所地外での接種

公開日 2021年04月13日

更新日 2021年04月23日

新型コロナワクチンは、住民票所在地の市町村で接種することを原則としていますが、下記に示すようなやむを得ない事情による場合は、例外として住民票所在地以外(住所地外)で接種を受けることができます。

なお、住所地外での接種には、申請が必要な場合申請が不要な場合があります。

申請が必要な場合

対象

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 遠隔地に下宿している学生
  • 単身赴任者

   など

交野市民が住所地外での接種を希望する場合は

「住所地外接種届け」の申請が必要です。手続き等については、接種券を入手後に接種を希望する市町村にお問い合わせください。

交野市民以外の人が交野市での接種を希望する場合は

コロナワクチンナビで申請を行ってから、交野市のコールセンターで予約を行ってください。

申請が不要な場合

対象

  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を有する方が、主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 住所地外の医療機関からの往診により、在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害に遭った方
  • 拘留または留置されている人、受刑者

   など

住所地外での接種を希望する場合は

入院中の医療機関や主治医、入所中の施設等にお問い合わせください。

お問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室
住所:〒576-0034 大阪府交野市天野が原町5丁目5番1号
TEL:072-893-2111