日常生活用具(各種福祉用具)の一覧【肢体不自由・平衡機能障がい】

公開日 2013年06月26日

更新日 2015年04月15日

日常生活用具一覧◆   下記の★印の品目は介護保険でのサービスが優先されます。

 

 

 

 

種 目

性 能

限度額

対象者

備考

耐用

年数

つ  え

(T字状・棒状)

(学齢児以上)

 

障がい者()が容易に使用できるもの

 

本体

木材(2,200円)

軽金属(3,000円)

 

ラッカー使用

(外装に白又は黄色) 260

 

夜光材      410

(全面夜光材付の場合は1,200)

4,460

※本体等の合計の最大額

平衡または下肢、もしくは体幹機能障がいがある身体障がい者()

 

3

頭部保護帽

頭にかぶるもので、転倒の衝撃から頭部を保護できるもの

 

ア)主材料がスポンジ及び革

 

イ)主材料がスポンジ、革及びプラスチック

 

※レディメイドの製品は、基準額の80%内の額とする

ア)15,200

 

イ)36,750

平衡または下肢、もしくは体幹機能に障がいを有し、歩行・立位が不安定で頻繁に転倒する恐れのある身体障がい者()

 

3

移動・移乗支援用具

(3歳以上)

おおむね次のような機能を有する手すり、スロープ等であり設置に当たり住宅改修を伴うものを除く

 

ア)障がい者(児)の身体機能の状態を十分踏まえたもので、必要な強度と安定性を有するもの

 

イ)転倒予防、立ち上がり動作の補助、移乗動作の補助、段差解消等の用具とする

60,000

※用具に係る費用のみ対象

平衡または下肢、もしくは体幹機能に障がいがあり、家庭内の移動において介助を必要とする者

 

難病患者で下肢が不自由な者

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ

障がい福祉課
TEL:072-893-6400