TDK社製加湿器の回収(リコール)について

公開日 2013年03月11日

更新日 2018年03月20日

リコール製品で火災の疑い(TDK社製の加湿器KS-500H)~直ちに使用を中止してください~

TDK株式会社は、平成25年2月8日に発生した長崎県長崎市のグループホームでの火災死亡事故について、同社の加湿器(スチーム式)(型式:KS-500H)が火元であった可能性が高いと発表しました(同月22日)。この製品は、同社が従来より製品回収を行っていたものです。事業者によれば、この発表後、同月24日までに少なくとも225台(当該製品を含むリコール対象4機種合計)の未回収品の所在が明らかになったとのことですが、まだ多数の未回収品が残っています。回収対象製品を知らずに使い続け、事故が発生するおそれがあります。もし、まだ当該製品をお持ちの場合には、直ちに使用を中止し、同社窓口に製品回収の申し出をしてください。

詳しくはこちら↓

TDK加湿器で火災の疑い.pdf(220KBytes) 

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130225kouhyou_1.pdf (消費者庁からのお知らせ)

この記事に関するお問い合わせ

人権と暮らしの相談課
TEL:072-817-0997

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード