利用しやすくなりました!おりひめ教育ローン補助制度

公開日 2018年01月19日

更新日 2018年04月09日

 

お子さまの高校・大学などへの進学または在学継続のための提携金融機関からの教育貸付金(教育ローン)について、年利0.4%相当を交野市が補助いたします。

 

☆今までとの変更点

 

 ○進学予定者限定から、在学者についても利用可能になりました。

 ○平成30年度内の教育貸付金であれば、遡っての申請ができるようになりました。

 ○これまで、契約前に教育委員会の証明を必要としていましたが、証明が不要となり、契約後に申請していただくようになりました。

 ○提携金融機関からの教育ローンであれば、校種を問わず、申請が可能です。

 

☆おりひめ教育ローン補助制度について

 

 平成28年度から31年度までの4年間、市は、1融資100万円・10年間を限度(100万円・10年間を超える時は100万円・10年間を上限)として、一定の利子補給を行い、全期間分を一括交付します。また、平成30年度内に教育貸付金の契約をされた方におかれても、平成30年度内であれば、遡って適用いたします。

 

 なお、「教育資金貸付金」の引き下げとなる利率や対象となる借入れ期間など、個別商品内容については、各提携金融機関にお問い合わせ下さい。

 

 

 

☆平成30年度受付期間:平成31年3月29日(金)まで

 

  ※定員の100人に達し次第、平成30年度分の受け付けを終了します。

 

 

 

☆申請対象:提携金融機関へ教育貸付金を申し込む方で、下記の1~2を満たす場合。

 

 1.進学または在学継続するための一括型の教育貸付金であること。

 

 2.貸付金の借入人となる人、またはこの制度を利用して進学予定か在学継続をする人のどちらかが、交野市に居住し、住民登録を行っていること。

 

  ※当制度は対象のお子様1人につき年度内1回までを対象とします。

 

 

 

☆提携金融機関

    (50音順) 池田泉州銀行 交野支店、京都信用金庫 交野支店、京都銀行 交野支店、

            近畿大阪銀行 交野市内の支店、枚方信用金庫 交野支店、JA北河内 交野市内の支店

 

  ※提携金融機関の適用金利につきましては、各金融機関までお問い合わせください。

 

 

 

☆おりひめ教育ローン利用の流れ

 

orihimenagareNEW3.png

  

 ☆申請に必要な書類

  提携金融機関との教育貸付金の契約が完了した後に、

 1.金融機関と取り交わした教育貸付金契約書の写し(原本は金融機関が保管しておりますので、紛失された場合はご契約金融機関へお問い合わせください)

 2.教育貸付金の振込が確認できる通帳(当該口座に補助相当金額を一括で振り込みます)

 3.ご印鑑

 

  

 

 

 ☆利子補給額

 

orihimehokyuukinnri.png

 

 

 

おりひめ教育ローン制度に関するお問い合わせ・お申し込み

 

  交野市教育委員会 学校管理課 学務・保健係(市立青年の家内) TEL 072-810-8011