平成30年度第6回学校給食・夏休み親子料理教室の開催

公開日 2018年08月06日

更新日 2018年08月02日

「平成30年度 第6回学校給食・夏休み親子料理教室」を開催しました

 

 今年で6回目となる学校給食・夏休み親子料理教室を、7月23日(月)・24日(火)・25日(水)の三日間、学校給食センターにて開催し、総数54組(119名)の方がご参加下さいました。兄弟姉妹だけでなく、友人同士で参加する中学生も見受けられ、皆さんの意気込みを感じました。

 

 学校給食・夏休み親子料理教室は、「子ども達が保護者と一緒に作る料理に喜びを感じ、給食への理解を深め、食や健康について考えてもらう」ことを目的に始めた行事ですので、毎回、調理を始める前には、栄養士から「食」に関する様々な話をプロジェクターの画像等をまじえながら、参加者の皆さんに分かりやすくお伝えしています。

 

 そして、新しい学校給食センターができたのを契機に、指導課と連携のもと、「ALT(Assistant Language Teacher)の生きた英語に触れて外国文化に対する親しみや理解を深めるとともに、積極的にコミュニケーションをとる楽しさを体験することで、英語学習に対する興味・関心をもってもらう」ことをもう一つの目的としました。

 というわけで、テーマは3年続けて「English Cooking~カナダ料理に挑戦しよう!~」です。

 市立小・中学校で英語を教えているALTの出身国であるカナダの料理を、いつも学校給食を作っている給食センターの調理員・栄養士のほか、ALT、そして保護者の方と一緒に、小・中学校の子ども達が英語を駆使しながら一所懸命に調理して、みんなで美味しくいただきました。

 また、今年は初めて、小学校のプログラミング授業で活躍しているAIロボット「ペッパー」が登場し、英語で挨拶したり調理時間中も参加者とおしゃべりするなど、終始賑やかな料理教室となりました。

 

 

 今回、みんなが挑戦したメニューは、

1.ベーグルサンド : ドーナツ型でモチモチとした食感のパンに、野菜やハムなどの具材を挟みます。

2.プーティン : フライドポテトにグレイビーソースをかけた、カナダのファーストフードです。

3.フルーツケバブ : 色々な果物を一口大にカットし、彩りよく串に刺したものです。

以上の3品です。

 

 

 食後はみんなで協力して食器を片付け、最後に給食センターの施設見学をしました。

 

 

 参加者からの感想を幾つかご紹介します。

◆ ベーグルの作り方が意外と簡単で、また家でもやってみたいです。

◆ 助けていただきながら、初めてお会いした方ともクッキングができました。

◆ 楽しく参加させていただき、勉強にもなりました。

◆ 夏野菜の説明が良かったです。

◆ 一つ一つに驚きや感動している子どもの姿が見られて、嬉しく思います。

◆ 英語にふれあえるいい機会になり、とても楽しかったです。

 

 

 今年度も大勢の方にご参加いただき、ありがとうございました。

 

 これからも、給食センター職員一同、安心・安全で美味しい学校給食を目指して頑張りますので、2学期からの学校給食を楽しみにしていて下さいね。

 

この記事に関するお問い合わせ

学校給食センター
TEL:072-891-0098(直通)