幼児期の食事について

公開日 2020年06月29日

更新日 2020年06月29日

                            

 「幼児食」とは、1歳6か月頃から5歳ごろまでの食事のことで、離乳食を卒業してからおとなの食事に近づけていく準備期間です。
 幼児食は、大人になってからの食習慣の基礎となり、体や心の成長にとても大切です。偏食や遊び食べ、ムラ食いなど悩みごとが多い時期でもありますが、まだまだ食の経験が少ない年齢なので、あまり気にしすぎずにいろいろな食品や料理を取り入れていくようにしましょう。                         

家族みんなで食卓を囲み、楽しみながら、よい食習慣が身につくように心がけていきましょう。

女の子食事食事男の子

 

◆バランスよく食べましょう

◆食べやすく工夫しましょう

◆旬の食材を取り入れて家庭の味を大切に

◆早寝早起き朝ごはん

◆親子で食を楽しみましょう

◆幼児期によくある食事の悩み女の子ステップアップ

 

この記事に関するお問い合わせ

健康増進課
住所:〒576-0034 大阪府交野市天野が原町5丁目5番1号
TEL:072-893-6405(直通)