交野市子どもの居場づくり推進事業緊急応援補助金について

公開日 2020年09月09日

更新日 2020年09月09日

本市では、新型コロナウイルス感染症の拡大に配慮しつつ、地域との交流を継続させる子どもの居場所づくりに関する取り組みを実施する団体等に対し、補助金を交付します。

「子どもの居場所づくり」とは

この事業において、「子どもの居場所づくり」とは、将来を担う子どもたちが、放課後等における食事や学習などを通して、大人や地域とつながることにより、子どもたちの孤立の防止、更には健康や生活習慣の向上を図ることを目的として、地域団体等が進める居場所づくり事業で、次に掲げる要件をすべて満たすものとします。

⑴ 次のいずれかに該当する子どもの居場所づくりであること。

 ア 食事を調理し、提供する事業を含む子どもの居場所づくり

 イ 学習習慣の定着や基礎的な学力向上等のために自主学習を支援する事業を含む子どもの居場所づくり

 ウ 保護者への相談支援や子どもへの生活支援事業を含む子どもの居場所づくり

 エ 様々な体験を通じて、子どもの「生きる力」を育むための事業を含む子どもの居場所づくり

⑵ 営利を目的とした事業でないこと。

⑶ 利用料等は原則徴収しないこと。ただし、食事の提供等に係る実費については徴収することができる。

⑷ 事業実施中、常駐できる責任者が配置されていること。

⑸ 事業の実施中や帰宅時等において、子どもの安全管理に十分配慮されていること。

⑹ 食事を提供する事業においては、衛生管理や子どもの食物アレルギーの有無等に十分配慮し、四條畷保健所の指導に従うこと。

補助対象者

当該補助金の交付対象となる活動は、子どもの居場所づくりに関する取り組みを実施する団体が令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に、新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮 した形で行う事業とし、次に掲げる要件のすべてに該当する団体とします。

⑴ 市内に主な活動拠点を有する団体・グループで、構成員の半数以上が交野市在住又は在勤若しくは在学であること。

⑵ 会則等の組織及び運営に関する事項が整備されていること。

⑶ 居場所づくりを継続的かつ安定的に行えることが見込まれること。

⑷ 活動内容が公の秩序又は善良の風俗に反するものでないこと。

⑸ 団体の構成員に暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団等が含まれていないこと。

⑹ 宗教的活動又は政治的活動を主たる目的としている団体でないこと。

補助金の対象経費

当該補助金の対象となる経費は、令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に、新型コロナウイルス感染症拡大防止を図るために必要な経費(消耗品、印刷製本費、備品、その他必要と認められる経費、ただし人件費、及び食材費は除く)

支給限度額

一団体あたり 50,000円

申請関係書類

(1)交野市子どもの居場所づくり推進事業緊急応援補助金交付要綱

 交野市子どもの居場所づくり推進事業緊急応援補助金交付要綱[PDF:258KB]

 

(2)交野市子どもの居場所づくり推進事業緊急応援補助金交付申請書(様式第1号)

 (様式第1号)交野市子どもの居場所づくり推進事業緊急応援補助金交付申請書(PDF版)[PDF:256KB](様式第1号)交野市子どもの居場所づくり推進事業緊急応援補助金交付申請書(ワード版)[DOCX:17KB]

 

(3)事業計画書(様式第2号)

 (様式第2号)事 業計画書(PDF版)[PDF:245KB](様式第2号)事業計 画書(ワード版)[DOCX:17KB]

 

(4)事業予算書(様式第3号)

 (様式第3号)事業予算書(PDF版)[PDF:264KB](様式第3号)事業予算書(ワード版)[DOCX:17.4KB]

 

(5)暴力団排除に関する誓約書(様式第3号の2)

 (様式第3号の2)暴力団排除に関する誓約書(PDF版)[PDF:277KB](様式第3号の2)暴力団排除に関する誓約書(ワード版)[DOCX:17.7KB]

この記事に関するお問い合わせ

子育て支援課
TEL:072-893-6406(直通)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード