特別展示『遺跡からみる交野とその周辺の戦国時代』及び『私部城跡発掘調査速報展2020』のお知らせ

公開日 2020年09月25日

更新日 2020年09月26日

交野町史刊行から約半世紀がたち、交野出身の考古学者・画家の片山長三氏がかつて描いた北河内の歴史像は、その後の研究や調査によって大きく発展しました。

今回の展示では、片山氏の研究成果と私部城跡をはじめとする多くの遺跡の近年の調査成果を中心に、交野から枚方の戦国時代を紹介します。

また、今年度実施した私部城跡の発掘調査速報展も同時開催いたします。

主な展示品 枚方市枚方宿遺跡・枚方寺内町遺跡・津田城遺跡出土品

       交野市私部城跡・新宮山遺跡・小松寺跡・岩倉開元寺跡出土品など

とき 令和2年10月7日(水)から令和2年12月27日(日)まで

   月・火・祝日・年末年始は休館です。

   開館時間10時00分から17時00分まで

   ※入館は16時30分まで

ところ 交野市立教育文化会館(歴史民俗資料展示室)

    〒576-0051  所在地: 交野市倉治6-9-21
    JR「津田駅」下車。京阪バス交野市駅行「南倉治」下車、徒歩1分。 

入館料 無料

関連行事などの詳細は下記チラシをご参照ください。

チラシ表ダウンロード交野展示2020チラシ表[PDF:923KB]

チラシ裏ダウンロード交野展示2020チラシ裏[PDF:1.06MB]

地図

交野市立教育文化会館

この記事に関するお問い合わせ

社会教育課文化財係
TEL:072-893-8111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード