「落語で学ぶACP(人生会議)~自分らしい最期を迎えるために~」を開催します

公開日 2020年10月19日

更新日 2020年10月19日

ACP(アドバンス・ケア・プランニング:人生会議)とは、万が一のときに備えて、今までの人生のこと、大切にしていること、治療やケアの望み等について、信頼できる人たちと繰り返し話し合ったりすることです。

自分らしい最期を迎えるために、創作落語を通してACPや終活について学びませんか。

※来場された方には、「交野市マイエンディングノート」をプレゼントします。当日はエンディングノートの活用方法についてもお伝えします。

実施概要

日時:令和2年11月20日(金)午後2時~4時(1時30分受付開始)

場所:保健福祉総合センター(ゆうゆうセンター) 4階交流ホール

講師:生島 清身(いくしま きよみ)さん(行政書士/社会人落語家)

定員:200名(交野市在住・在勤の方対象)

申込:事前に申込が必要

   令和2年11月2日(月)から電話、もしくは直接高齢介護課(ゆうゆうセンター1階)の窓口まで

その他:新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、会場内ではマスクの着用が必要です。

    当日体調がすぐれない方は、参加をお控えください。(体温が37.5℃以上の場合は、入場できません)

 

「落語で学ぶACP」案内チラシ[PDF:726KB]

 

この記事に関するお問い合わせ

高齢介護課
TEL:072-893-6400

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード