緊急時の障がいのある方の受入・対応のご案内(交野市地域生活支援拠点事業)

公開日 2021年11月01日

更新日 2021年11月09日

地域生活支援拠点事業とは、障がい児者の重度化・高齢化や「親亡き後」を見据え、関係機関が協力して、障がいのある方が安心して暮らし続けられるよう、地域全体で支える仕組みです。

 

その一環として、ご家族の方の病気や事故など「もしも」の緊急時に必要な対応を行います。

 

ご利用には事前の登録が必要です。

登録を希望される方は、登録申請書に必要事項を記入し、障がい福祉課まで提出してください。

事前登録申請書[PDF:51KB]

 

緊急時:「もしも」のときは

 緊急時は、障がい福祉課(基幹相談支援センター)に連絡してください。

 協力事業所に連絡し、受入可能な施設・受入れに必要な支援者等の調整を行い、利用につなげます

 「緊急時」とは、「介護者が急病・入院・葬祭・死亡等で不在もしくはそれに近い状態になり、障がい者のケアができない、日常生活が危ぶまれる、在宅での生活ができなくなる状況」 を言います。

 ※地域生活支援拠点は短期入所等他のサービスに繋がるまでの一時的な支援です。

 

協力事業所等

 緊急時の受入・対応に協力する協定を交野市と結んでいます。

  • 施設受入(施設・グループホーム等での宿泊)

  社会福祉法人 心生会

  社会福祉法人 豊年福祉会

  社会福祉法人 もくせい会

 

  • 人材派遣(自宅・施設等にヘルパーや看護師を派遣)

  ケアサービス れんと

  ヘルパーステーション とらすと

  ヘルパーステーション 明星

  訪問介護ステーション 星空

  訪問看護ステーション しん

 

 

この記事に関するお問い合わせ

障がい福祉課
TEL:072-893-6400

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード