こどもゆうゆうセンターって何してるとこなの?(事業紹介)

公開日 2022年02月14日

更新日 2022年06月02日

 こどもゆうゆうセンターは、交野市居住の就学前の乳幼児を対象に、発達に支援が必要な子どもが保護者と通園する施設で、主に下記の事業を行っております。

 

 あすなろグループ(児童発達支援) 

 運動発達の遅れ、言葉の遅れ、よく動き回る、人間関係の持ちにくさがあるなど心身の発達に遅れやアンバランスさなど発達上のいろいろな課題や障がいにあわせた療育を実施しています。

 また、保護者に対してもペアレントトレーニングや勉強会をしています。

 利用するにあたっては、障害児通所給付費支給申請の手続きが必要となりますので、障がい福祉課にご相談ください。

【午前の部】
 保護者と子どもが共に通園し、子どもに応じた遊びや小集団での活動を通じて、生活リズムや基本的生活習慣の確立、集団への参加など、発達に必要な支援を行います。

 対象は、0歳~就学前の療育が必要(乳幼児健診等で勧められたなど)な子どもです。

 開催日:月曜日~金曜日 午前9時30分~午後12時30分

 ただし、夏休み:8月11日~20日  冬休み:12月24日~1月7日  春休み:3月25日~4月7日を除く。
 また、年齢に応じて分離保育や幼稚園等との交流保育も行っています

6月設定・集団遊び予定表[PDF:141KB]

【並行通園(4、5才児対象)】

 対象は、保育園や幼稚園等に在籍している4、5才児で、障害の特性に合った専門的な療育・訓練を週1回、就学に向けて行っています。

 開催日:火曜日~金曜日 午後12時50分~午後2時30分

 

のびのびグループ

  友達と遊べない、言葉がおそい、などの理由で、普段の日常生活が気になる1才6ヶ月~おおむね3才のこどもを対象に集団の中で、親子でみんなと遊ぶことの楽しさや、からだ全体を使って気持ちを表現することなどに取り組みます。

 開催日:月曜日 午後2時~午後3時

 費 用:利用料は無料。個人用の教材・お名前カードを購入していただきます

 *利用の手続き:健康増進課の地区担当保健師を通じて、センターの療育相談員にご相談ください。

 

保育所等訪問支援

 児童福祉法に基づき、発達に気がかりのある子どもが、集団生活を楽しく送ることができるよう、訪問支援員がアドバイスを行います。

 利用には、受給者証が必要です。

 

障がい児相談支援

 相談支援専門員がお話を伺い、必要に応じて各種福祉サービスや関係機関の情報提供、利用計画の作成等を行います。

 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時15分

 

アリス

 ボランティアセンターの協力を得て「アリスの部屋の開放」をしています。

 0~3歳児の子どもと保護者の方なら、どなたでも気軽に来ておもちゃや園庭で遊ぶことができます。

 開催日時 第1・3木曜日 午後2時30分~午後4時

 

和(なごみ)

 子どもたちを遊ばせながら、保護者が気軽に集い話し合える場です。悩みを言い合ったり、幼稚園や学校の情報交換をしたり、指導員や相談員にちょっとした相談もできます。保護者だけの参加も可能です。

 開催日時 第2木曜日(月1回) 午後3時~午後4時30分

 対象:交野市在住のこどもゆうゆうセンターの契約を終了したこどもの保護者・小学2年生までのこどもと小学2年生までのきょうだい

 *個別に相談のある方は、事前にお電話ください。

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ

児童発達支援センター
TEL:072-892-3077(直通)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード