花火大会等の関係者の皆様へ

公開日 2022年07月01日

更新日 2022年07月01日

花火大会等で煙火(がん具煙火を除く)を消費するには、火薬類取締法第25条に基づき市長の許可を受ける必要があります。

申請には火薬類消費許可申請書に必要事項を記入してください。 また、申請には火薬類消費計画書を添えてください。

火薬類消費許可申請書[DOCX:13KB]

ただし、火薬類取締法施行規則第49条に定められた数量以下の消費量であれば許可を受けずに消費することができます。

許可を受けずに消費することができる数量(例)

種類 目的 数量

打揚

煙火 

信号

又は

鑑賞 

直径14cm以下の球状の打揚煙火75個以下

(直径6cmを超えるものの個数が25個以下であって、直径10cmを超えるものの個数が10個以下である場合に限る。)

仕掛

煙火

信号

又は

鑑賞

炎管200個以下

仕掛

煙火

演出

効果

その原料をなす火薬若しくは爆薬50g以下の煙火85個以下

(その原料をなす火薬又は爆薬15gを超えるものの個数が35個以下であって、その原料をなす火薬又爆薬30gを超えるものの個数が5個以下である場合に限る。)

毎年、煙火(がん具を除く)の消費中の事故が発生しています。

事故の事象とは、黒玉や低空開発のほか、飛散した火の粉による下草の燃焼等が多く発生しています。

経済産業省のホームページに火薬類取締法関係の事故情報が公表されていますので、下記のURLを参考してください。

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/gunpowder/jikojyouhou/index.html

花火大会等の事故防止に努めていただくため、下記のファイルをご利用ください。

火災事故防止のチェックポイント[PDF:133KB]

この記事に関するお問い合わせ

消防本部 予防課
TEL:072-892-0012(直通)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード