【3/16(土)14時から】「落語で学ぼう消費者トラブル」の開催 〜悪質商法に騙されないために〜

公開日 2024年01月23日

 ニュースや新聞等で度々、話題となる「悪質商法(※)」について、落語家の林家染二氏による講演会を開催します。

 近年、「悪質商法」の手口は複雑かつ巧妙化してきており、「自分には関係がない」や「そういった手口にはのらないから自分は大丈夫」といった心理的な要因も相まって、年齢を問わず被害が発生しています。「悪質商法」によって、業者へお金を支払ってしまった場合、実態としてお金を取り戻すことは困難であるため、自身でトラブルに遭わないように「悪質商法」の手口や対策を学び、冷静に対処することが大事です。

 本講演会は、講演と落語を通して、「悪質商法」を楽しく学べる内容になっておりますので、ぜひご家族や友人と一緒にお気軽にご参加ください(申込不要・参加費無料)。

 

※「悪質商法」とは、一般消費者を対象に、組織的、反復的に敢行される商取引で、その商法自体に違法又は不当な手段・方法が組み込まれた商法のことです。よくある商法としては、点検商法が挙げられます(例:突然、訪問員が「点検に来ました」等と家庭に訪問。「雨もりで湿気がひどい」「白アリがいる」「このままでは家が潰れる」などと嘘を言って、不安をあおり商品を売りつけたり、高額な工事契約を締結させる)。また、悪質商法には、この他にもマルチ商法や催眠商法等があります。

開催日時

 令和6年3月16日(土)午後2時から午後3時半

 (午後1時に開場)

 

開催場所

 交野市立保健福祉総合センター

 (ゆうゆうセンター)4階 交流ホール

  住   所:交野市天野が原町5丁目5番1号

  アクセス:JR河内磐船駅下車で約100m

      京阪河内森駅下車で約300m

 

講  師

 落語家 林家 染二氏(株式会社SOMEJI 代表取締役)

 

プロフィール

 1961年大阪市生まれ。1984年に4代目染丸(当時染二)に入門し、1997年に3代目林家染二を襲名。

 滑稽噺・芝居噺・人情噺など幅広く人への優しさと温もりにあふれ、1998年度文化庁芸術祭では、新人賞を飛び越え、上方落語界において最短の芸歴で優秀賞を受賞し、2004年には上方落語界で初となる二度目の文化庁芸術祭優秀賞を受賞。2008年には第二回天満天神繁昌亭大賞、2020年には文化庁芸術祭大衆芸能部門大賞を受賞し、上方落語を担う正統派として高い評価を受けています。

 教育活動においては、2012年から落語家で初めて京都大学で年に1度登壇し、また龍谷大学特別講義にも出講しています。

 その他にも、コミュニケーション、消費者問題、福祉、教育、男女共同参画社会などをテーマに幅広く講演を行っています。

 

講演内容

 悪質商法をテーマに講演と落語を行います。

  第1部 講演「笑って防ぐ!消費者トラブル!」(40分)

  第2部 落語「かわり目(悪質商法版)」(20分)

 

申込み

 申込みは不要ですので、直接会場にお越しください。

 

参 加 費

 無料

 

そ の 他

 (1)体調不良や発熱がある場合は、ご来場をお控えください。

 (2)駐車場には限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用してお越しください。

この記事に関するお問い合わせ

人権と暮らしの相談課
TEL:072-817-0997