平成30年7月豪雨について〜市長コメント

公開日 2018年07月10日

更新日 2018年07月10日

 7月5日からの梅雨前線による大雨により土砂災害等の被害にあわれた地域の皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 交野市においては、気象庁の大雨警報(土砂災害)発表後、速やかに災害対策本部を設置し、被害情報の収集や危険個所の点検を行うとともに、土砂災害警戒のため、山手地域を対象に「避難準備・高齢者等避難開始」を発令し、避難所の開設を行いました。また、夜間に「土砂災害警戒情報」が発表されたことから、対象地域に「避難勧告」を発令し、その後継続した大雨によりさらなる土砂災害の危険性が高まったことに伴い「避難指示」を発令いたしました。その後も大雨警報(土砂災害)が解除されるまでの間、河川や山地・傾斜地等のパトロールなど継続して24時間体制を敷くとともに被害情報等の収集を行いました。

 交野市域内では、人命に関わる被害や大規模な土砂災害は確認されていませんが、一部斜面の崩落、倒木等の被害が確認されております。この大雨により土壌中の雨量が増しているとともに、先月の地震により地盤がゆるんでいることから、当面の間、比較的少量の雨でも土砂災害の危険性並びに二次災害の可能性は高まっています。

 市民の皆様におかれましては、市役所の情報や気象情報等にご留意いただき、ご自身並びにご家族の皆様の安全を第一に行動いただきますようお願いいたします。

平成30年7月10日
交野市長 黒田 実

お問い合わせ

秘書広報課 広報担当
TEL:072-892-0121