社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

2017年6月15日

マイナンバーとは

みなさん一人ひとりが持つ12ケタの番号です。

 

一人に1つの番号を付すことで、社会保障・税・災害対策の分野で効率的な情報管理を行い、

複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。

マイナンバー 

 

マイナンバーのメリット

 

 

 

 

 

マイナンバーの利用例

 

 

281月から、社会保障・税・災害対策に係る行政手続きで利用します。

 

 年金・雇用保険・医療保険の手続き、福祉分野の給付や税務当局に提出する確定申告書・届出書・調書など、

法律や条例で定められた範囲の事務に限って利用されます。

 

マイナンバーの利用範囲

 

 

 

マイナンバーの取扱い

 

マイナンバーは、番号の漏えいなど不正に使われるおそれのある場合を除き、生涯変更されませんので、大切にしてください。

 

 また、手続きのために行政機関などに提供する場合を除き、むやみに他人に提供することはできません。

 

 他人のマイナンバーを不正に入手することや、マイナンバー取扱者が個人番号を含む個人情報ファイルを不当に提供することは、処罰の対象となります。

 

 

 

 

個人番号カード

 マイナンバー通知の際に同封している申請書を提出することで、28 年1月から個人番号カードを無料で取得できます。

 カードには、マイナンバー(個人番号)・住所・名前・顔写真などが記載しており、本人確認書としても利用ができます。

個人番号カード

 

 

 

 事業者もマイナンバー

 事業者も社会保障・税の分野でマイナンバーを取扱います。

 

 事業者のマイナンバー対応について

 

 

 

 

 

マイナンバーコールセンター

マイナンバー制度に関するお問い合わせは、コールセンターをご利用ください。

 

 平成27年11月2日(月)から、マイナンバー制度全般のコールセンターと通知カード・個人番号カードのコールセンターを統一した総合フリーダイヤルが設置されました。

 

 なお、既存のナビダイヤルによるコールセンターも、継続して利用可能です。

 

 

■マイナンバー総合フリーダイヤル TEL:0120-95-0178(無料)

受付時間:平日 9時30分~22時00分、土日祝 9時30分~17時30分(年末年始12月29日~1月3日を除く)

 

平成28年4月1日以降は、平日9:30~17:30(土日祝・年末年始を除く)の対応となります。

 

 ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、下記へおかけください。通話料がかかります。

  •   マイナンバー制度に関することは、 050-3816-9405 
  •   通知カード、個人番号カードに関することは、050-3818-1250 

 


■英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応フリーダイヤル

 

  •  マイナンバー制度について TEL:0120-0178-26 (無料)
  •  通知カード・個人番号カードについて TEL:0120-0178-27 (無料)

 

※英語以外の言語については、平日9:30~20:00までの対応となります。

 

 

■マイナンバー制度について TEL:0570-20-0178 (全国共通ナビダイヤル)

受付時間:平日 9時30分~22時00分、土日祝 9時30分~17時30分(年末年始12月29日~1月3日を除く)

 ※ナビダイヤルは通話料がかかります。

 ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、 050-3816-9405におかけください。


 ※外国語対応(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)は0570-20-0291におかけください。

  外国語対応は、平日 9時30分~20時00分、土日祝 9時30分~17時30分となります。

 

 

ホームページ

 

内閣官房「社会保障・税番号制度」ホームページ

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

 

ツイッター

https://twitter.com/MyNumber_PR