(新型コロナウイルス感染症)交野市の支援制度(第2弾)

公開日 2020年07月08日

更新日 2020年07月27日

 新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受けている市民や事業者への支援として、国の第二次補正予算による新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金等を活用し、次のとおり第2弾の支援事業を実施します。

 これらの事業は、「暮らしの支援」、「新しい生活様式等への対応」、「感染拡大の防止」の3つの視点から実施するものであり、予算規模は約3億6千5百万円となります。

1.暮らしの支援

 幅広い市民を対象に、暮らしを支援する事業(約1億8千9百万円)

1ー1水道・下水道使用料基本料金の免除(拡大)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う日常生活や事業活動への支援として、市内の上下水道利用者(個人・事業所)に対し、基本料金の免除をさらに2か月分延長し、合計4か月分とします。

 【免除期間】奇数月検針地区:7・9月検針分(5~8月使用分) 偶数月検針地区:8・10月検針分(6~9月使用分)※免除期間は合計

 【予算額】131,000千円 【担当】水道局総務課

1ー2 新生児臨時特別給付金

 国の「特別定額給付金」の対象とならない、令和2年4月28日から令和3年3月31日までの間に生まれた子どもの育児に係る生活支援として、新生児1人あたり10万円を給付します。

 【給付時期】8月下旬 【予算額】51,200千円 【担当】市民課

1ー3 学校教育活性化推進事業(修学旅行増額分補助)

 小学6年生及び中学3年生の保護者を対象に、小・中学校の修学旅行の延期等に係る保護者負担を軽減します。

 【予算額】6,785千円 【担当】指導課

2.「新しい生活様式」等への対応

 コロナ後の「新しい生活様式」を踏まえた投資的な事業(約5千6百万円)

2ー1 民間事業者等への支援

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として民間事業者等が「新しい生活様式」に対応するために行う事業に対し支援金を給付するとともに、相談窓口の設置等を行います。

 (1)テレワーク等導入支援金事業

 国のテレワークに関する助成金の交付を受けた事業者に対し、上限500千円までの支援金を給付します。

  【申請受付開始】8月初旬  【予算額】5,000千円 【担当】地域振興課

 (2)商業活性化推進事業補助金

 商業団体が実施するバル事業や、参加店舗の感染症予防対策に対し支援を行います。

  【予算額】3,000千円 【担当】地域振興課・都市計画課

 (3)中小企業者等経営相談及び給付金等申請支援事業

 各支援制度の申請書作成支援や、経営基盤の安定に向けた経営相談を行い、企業活動を支援します。

  【窓口開設】8月初旬 【予算額】2,000千円 【担当】地域振興課

 (4)オンライン診療環境整備事業

 医療機関が行うオンライン診療システム導入に係る初期費用に対し助成を行い、感染拡大防止のための環境整備を図ります。

  【予算額】5,000千円 【担当】健康増進課

2ー2 子どもたちへの学習支援

 (1)子供たちの学習保障支援事業

 今後の感染症対策のための学校の臨時休業に備え、オンラインで教員と子供たちがコミュニケーションを円滑に行うための機材や教材を導入し、家庭でも効果的に学習が行える環境を整備します。

   【予算額】5,189千円   【担当】まなび未来課・指導課

 (2)学習支援員派遣事業

 授業中の個別学習支援をより充実させるため、全小・中学校に学習支援員を配置し、学習の定着を図ります。

  【予算額】3,780千円     【担当】指導課

2ー3 行政のデジタル化の推進

 (1)行政事務デジタル化推進事業

 職員等へタブレットPCを配備しWEB会議等への活用を進めるとともに、電子入札システムを導入するなど、行政事務の簡素化・効率化を推進します。

  【予算額】20,000千円 【担当】(会議システム)危機管理室 、(電子入札システム)財務課

 (2)オンラインを使った相談事業

 妊産婦や子育て世帯等に対し、オンラインによる相談支援や対面指導及び情報交換や交流ができる環境を整備します。

   ・オンライン子育て広場等環境整備事業 【予算額】500千円 【担当】子育て支援課

   ・妊産婦等オンライン保健指導等事業 【予算額】413千円 【担当】健康増進課

 (3)公共施設や避難所への無料Wi-Fi整備事業

 市民が集まる公共施設や避難所に対し、無料Wi-Fiを整備します。

  【予算額】6,500千円 【担当】危機管理室

2ー4 乳幼児健康診査個別実施事業

 感染拡大防止対策として、4か月児健診を集団健診から医療機関での個別健診に切り替えて実施します。

  【予算額】3,406千円 【担当】健康増進課

3.感染拡大の防止

 感染拡大防止のための対策や、今後の備えに係る事業(約1億2千万円)

3ー1 防災活動支援事業

 避難所の衛生環境を確保するため、簡易テントやパーテーション、段ボールベッド等の物資の備蓄を行います。

 【予算額】11,000千円 【担当】危機管理室

3ー2 公共施設等における感染拡大防止

 各施設における感染症拡大防止対策のため、消毒液や非接触体温計等、必要な物資の購入を行います。

 ◆子育て・教育関連施設

 (1)学校再開に伴う感染症対策・学習保障等に係る支援事業(市立小・中学校)

  【予算額】52,852千円 【担当】まなび舎整備課・学務保健課

 (2)公私立保育施設衛生環境整備事業(公私立認定こども園等市内保育施設)

  【予算額】17,844千円 【担当】こども園課

 (3)新型コロナウイルス感染防止を図る事業(放課後児童会・第1児童センター)

  【予算額】3,903千円 【担当】青少年育成課

 ◆休日急病診療所

 休日急病診療所の感染拡大防止対策事業

  【予算額】2,543千円 【担当】健康増進課

 ◆生涯学習施設

 (1)公共施設の管理維持体制持続化事業・施設利用等再開に伴う衛生確保事業・新型コロナウイルス感染防止を図る事業(青年の家・ いきいきランド・星の里いわふね・星田西体育施設)

  【予算額】7,965千円 【担当】社会教育課

 (2)図書館パワーアップ事業(各図書館・室)

  【予算額】5,208千円 【担当】図書館

 ◆その他の公共施設等の感染拡大防止(本庁舎・ゆうゆうセンター、機能支援センター)

  【予算額】6,898千円

  【担当】(本庁舎)総務課、(ゆうゆうセンター)福祉総務課、 (機能支援センター)機能支援センター

4.あわせて実施する支援策

  ◆「新しい生活様式」等への対応

 (1)情報発信強化事業(イベントや説明会等をWEB配信するための環境整備)

   【担当】政策企画課

 (2)学校教育活性化推進事業(教育動画の製作及び配信)

   【担当】指導課

 ◆感染拡大の防止

 (3)新型コロナウイルス感染症対応に伴う必要物品の備蓄(福祉サービス事業所提供用)

   【担当】障がい福祉課、高齢介護課

 (4)子どもの居場所づくり事業環境整備事業(子どもの居場所活動実施団体に対する、感染拡大防止対策に対し支援)

   【担当】子育て支援課

 (5)交野市新型コロナウイルス感染症に伴う公共交通緊急対策支援金事業(公共交通事業者の車内の感染拡大防止対策に対し支援)

   【担当】都市計画課

お問い合わせ

政策企画課
TEL:072-892-0121