古着を売るつもりが・・貴金属を買い取られた

公開日 2016年01月22日

更新日 2018年03月20日

♦♦♦貴金属の訪問買い取りトラブルにご注意ください!♦♦♦

「不用品を買い取る」などと電話があり、そのつもりで来訪を承諾したのに、実際当初の話にはなかった貴金属の買い取りを持ちかけられるという訪問買取の相談が寄せられています。


♦♦♦ひとこと助言♦♦♦

  • これまではクーリング・オフの制度はなく、後になって返品を求めても「すでに処分した」などと言われ取り戻せないケースがほとんどでした。
  • 平成25年2月21日より、訪問購入についてもクーリング・オフが導入され、今後は法律で定められた書面を受け取った日を含めて8日以内であれば無条件に取り戻すことができるようになりました。
  • 契約をしたとしても商品をその場で引き渡す必要はありません。
  • ただし、クーリング・オフが適用されない商品等例外もあるので、注意が必要です。何よりまず、売却したくない場合はきっぱりと断りましょう。
  • 困ったときは、消費生活センターにご相談ください。

                         (国民生活センター 見守り新鮮情報より要約)


見守り新鮮情報   shinsen157.pdf(196KBytes) リーフレット版「PDF形式」(196KB)

 

この記事に関するお問い合わせ

人権と暮らしの相談課
TEL:072-817-0997

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード