自宅でできる運動

公開日 2020年12月25日

更新日 2020年12月25日

新型コロナウイルス感染症の予防のため、手洗いや適度な換気が大切ですが、普段からの健康管理で免疫力を高めておくことも欠かせません。

外出する頻度が減ると、体力の低下、生活習慣病などの持病の悪化、メンタルヘルスの不調などさまざまな影響が考えられます。

外出が難しい状況ではありますが、自宅でできる健康づくりを継続し、少しでも免疫力を高めましょう。

ご自身にあった内容を選んでいただき、無理のない範囲で健康づくりに取り組んでください。

自宅でできる運動の紹介

かかと落とし運動

① イスの背もたれを両手でつかみ、足を肩幅に広げる

② 膝をまっすぐに伸ばしたまま、両足一緒にかかとだけをゆっくり上げゆっくり落とす

※料理の合間に流し台を持って実施してもOK!

スクワット

① 肩幅より少し広めに足を広げて立ちます。つま先は30度ぐらい開きます。

② 膝がつま先より前に出ないように、また膝が足の人差し指の方向を向くように注意して、お尻を後ろに引くように身体をしずめます。

※スクワットができないときは、椅子に腰かけ、机に手をついて立ちすわりの動作を繰り返してもOK!

   

ロコモを防ぐ運動「ロコトレ」[PDF:301KB]

出典:日本整形外科学会 ロコモチャレンジ!推進協議会

フレイルって何なん?リーフレット[PDF:5.43MB]

出典:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所

生活アクティブ体操[PDF:785KB]

出典:健康・体力づくり事業財団

親子で楽しむ!子供の運動あそび応援サイト(外部リンク)

子どもから大人までが室内でできる運動などが紹介されている、スポーツ丁のホームページです。

 

身体活動・運動のことをもっと知りたい方は

厚生労働省e-ヘルスネット

健康づくりに役立つ情報提供をしている厚生労働省のホームページです。

 

この記事に関するお問い合わせ

健康増進課
住所:〒576-0034 大阪府交野市天野が原町5丁目5番1号
TEL:072-893-6405(直通)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード