住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

公開日 2021年12月28日

更新日 2021年12月28日

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、さまざまな困難に直面した人々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の現金を給付します。

  支給対象者

 1.住民税非課税世帯

 基準日(令和3年12月10日)において、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

 ※住民税が課税されている方の扶養親族等のみからなる世帯を除きます。

2.家計急変世帯

 1.の住民税非課税世帯の対象者以外の方で、令和3年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、世帯全員が住民税非課税世帯と同様の事情にあると認められる世帯

  支給額

  1世帯あたり10万円

  支給予定・手続き方法など

1.申請は不要です。事前に振込先口座等の確認書を送付します。
 ※詳細が決まり次第、ホームページに掲載します。

2.家計急変世帯へは1の非課税世帯への支給が確定後、申請受付を開始する予定です。

制度について(内閣府ホームページ)

お問い合わせ

内閣府コールセンター (制度についてのお問い合わせ)

電話番号:0120-526-145

受付時間:午前9時から午後8時(土日祝を含む。12月29日から1月3日まで休み)

この記事に関するお問い合わせ

臨時特別給付金推進室
TEL:072-892-0121