○交野市農業委員会規則

昭和48年3月31日

農委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、交野市農業委員会(以下「委員会」という。)の運営等に関し、法令に規定するもののほか、必要な事項を定めることを目的とする。

(会長、会長代理及び大阪府農業会議会員)

第2条 委員会に会長1人、会長代理1人を置く。

2 会長及び会長代理の選任は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)第5条の規定に基づき、それぞれ互選する。

3 大阪府農業会議会員(以下「会員」という。)前項に準じて指名する。

4 会長又は会長代理若しくは会員を決定したときは、その者の住所、氏名を告示しなければならない。

(平成13農委規則1・平28農委規則3・一部改正)

第3条 会長、会長代理及び会員の任期は、委員の任期による。

(平28農委規則3・一部改正)

第4条 会長、会長代理及び会員が辞任しようとするときは、それぞれ文書をもつて辞任願を委員会に提出してその同意を得なければならない。

(平28農委規則3・一部改正)

第5条 会長又は会長代理若しくは会員が欠けたときは、会長又は会長代理若しくは会員の選出を、その欠けた日から20日以内に行なわなければならない。

(平28農委規則3・一部改正)

(委員の辞任)

第6条 農業委員が法第13条の規定による同意を得ようとするときは、文書による辞任願を会長に提出しなければならない。

(平28農委規則3・一部改正)

(会長の専決)

第7条 委員会に属する事務のうち、緊急に処理することを要し、かつ、会議に付する暇がないときは、会長において専決処理することができる。

2 会長は、前項により専決処理をしたときは、次の委員会に報告し、その承認を得なければならない。

(事務局)

第8条 交野市農業委員会事務局(以下「事務局」という。)を交野市役所内に置く。

第9条 事務局に局長、その他の職員を置く。

2 事務局の職員の定数は、交野市職員定数条例(昭和30年条例第7号)に定めるところによる。

3 局長は、会長の命を受け、その他の職員は上司の指揮を受け、それぞれ委員会に関する事務に従事する。

第10条 前条に規定するもののほか、事務局の職員の分限、服務、任用、その他については、市長の事務部局の職員の例による。

(告示、公告)

第11条 委員会及び会長の行なう告示並びに公告は、交野市公告式条例(昭和30年条例第2号)の例による。

(公印)

第12条 委員会及び会長の公印を次のように定める。

画像

附 則

この規則は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(平成13年農委規則第1号)

この規則は、平成13年9月17日から施行する。

附 則(平成28年農委規則第3号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

交野市農業委員会規則

昭和48年3月31日 農業委員会規則第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農業委員会
沿革情報
昭和48年3月31日 農業委員会規則第1号
平成13年9月17日 農業委員会規則第1号
平成28年3月31日 農業委員会規則第3号