【交野遺産】神祖営趾之碑

公開日 2018年03月13日

更新日 2018年03月22日

神祖営趾之碑(しんそえいしのひ)

””

市指定文化財。領主市橋長昭と星田村平井三郎右衛門貞豊が、大坂夏の陣の折に徳川家康の陣営として活躍した先祖の遺徳を偲んで建てた碑。文化3年(1806)に建立。高さ1.90m、幅0.94m。

アクセス

妙見口バス停より五差路を旧集落内へ徒歩5分

 

交野遺産とは

市の代表的な文化財や伝承スポットを交野遺産としてまとめました。

交野の深い歴史や文化の魅力をのぞきに行きませんか。

地図

神祖営趾之碑

この記事に関するお問い合わせ

社会教育課文化財係
TEL:072-893-8111