大阪市立大学理学部附属植物園と包括連携協定を締結しました

公開日 2018年03月23日

更新日 2018年04月13日

 市は、大阪市立大学理学部附属植物園と包括連携協定を締結しました。同植物園とは、これまでも環境分野等で連携して事業実施を行ってきましたが、今後は、より広範な分野において、双方の強みを活かした取組を進めます。

 平成30年3月30日に行った調印式には、黒田市長と大阪市立大学副学長の櫻木弘之氏が代表として出席し、協定書へ書名しました。

 黒田市長は「植物園は交野市の貴重な財産。今後も魅力ある市、魅力ある植物園となるために関係を築きたい」と語り、大阪市立大学の櫻木弘之副学長は「ずっと交野で笑顔で健康!の言葉通り、健康福祉の増進や市民サービスの拡充を協同で行い、植物資源を通じて地域に貢献したい」と語りました。 

 

包括連携協定の目的

  • 市民サービスの向上
  • 地域の活性化
  • 植物園の活性化

 

連携事項

  1. 地域等の活性化に関すること
  2. 環境・緑化に関すること
  3. 健康・福祉に関すること
  4. 子育て・教育に関すること
  5. 両者の広報に関すること
  6. その他両者が必要と認める事項に関すること

 

 連携の概要は、包括連携概要[PDF:230KB]をご覧ください。

 

65歳以上の交野市民の植物園入園料が無料になりました

 包括連携協定締結に伴い、植物園において、65歳以上の交野市民を対象にした「植物園メイト」制度が始まりました。

 植物園メイトに登録した方は、入園料が無料になります。

手続き等

 制度開始  平成30年4月1日(日)

 手続方法  植物園事務所に申請

 必要書類  (1)申請書植物園メイト申請書[PDF:731KB]

       (2)住所・氏名・年齢を確認できる公的証明書(免許証、保険証など)

 植物園メイトの詳細は、植物園メイト案内[PDF:398KB]をご覧ください。

問い合せ

 大阪市立大学理学部附属植物園事務所 072-891-2059

 

キックオフイベント「きさいち植物園桜まつり」を開催しました

 

 包括連携協定締結を記念して、平成30年4月5日(木)に「きさいち植物園桜まつり」を開催しました。まつりでは、植物園メイトの一斉登録会を行った他、交野市星のまち観光協会による物産展や、さくら山のミニガイドツアーなどを行いました。

  桜まつり当日のさくら山

 交野市星のまち観光協会による物産展も人で賑わいました。

 ステージのバイオリン演奏

 黒田市長と山田植物園長 おりひめちゃんも駆けつけました。

 

 【参考】桜まつりチラシ[PDF:609KB]

 

この記事に関するお問い合わせ

政策企画課
TEL:072-892-0121

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード