令和6年1学期 給食献立写真

公開日 2024年03月26日

更新日 2024年04月15日

4月献立写真

ご入学・ご進級おめでとうございます。

一年間、元気に楽しくすごしてください。

また、今年はフランスで7月26日〜8月11日まで『パリオリンピック』、8月28日〜9月8日まで『パリパラリンピック』が開催され

いろいろな国の選手が、いろんな種目のスポーツに挑戦し楽しみます。

   

そこで、給食では一か月に一度《世界の料理》を紹介します。どんな国の料理が出るか楽しみにしてください。

今月はこの国です   4月11日(木)フォースープ ベトナム

                

今月の地場野菜          干ししいたけ

            

※22日のビーフカレーラッキー(星形)にんじんがクラスに1個入ります。

新学期の給食が始まります。

 

 食べ物は食べやすい大きさにして

         よくかんで食べましょう!

4月10日(水)

 

・ご飯

・チキンカレー

・シャキシャキサラダ

・牛乳

 

4月11日(木)

 

・コッペパン

・フォースープ

・ホキフライ

・キャベツのソテー

・牛乳

4月12日(金)

 

・ご飯

・豚汁

・鶏肉とごぼうの煮物

・オレンジ

・牛乳

4月15日(月)

 

・ご飯

・うずしお汁

・さつまいもの天ぷら

・ふき入りひじきの

 炒め煮

・牛乳

 

4月16日(火)

 

・コッペパン

・ABCスープ

・ミートペースト

・牛乳

 

 

       

4月17日(水)

 

・わかめご飯

・肉じゃが

・かつおの竜田揚げ

・りんごジュース

 

 

 

4月18日(木)

 

・ブランパン

・ハヤシシチュー

・アスパラガスと

 ウインナーのソテー

・いちごジャム

・牛乳

 

4月19日(金)

 

・減量ご飯

・山菜うどん

・肉みそ

・ミルメーク(中学生)

・牛乳

 

 

4月22日(月)

 

小学校1年生給食始まり

・コッペパン

・ビーフカレー

・ツナサラダ

・牛乳

4月23日(火)

 

・米粉パン

・ポトフ

・デミグラスハンバーグ

・牛乳

 

4月24日(水)

 

・ご飯

・絹厚揚げのみそ汁

・さけフライ

・ひじきふりかけ

・牛乳

4月25日(木)

 

・黒糖パン

・春キャベツのスープ

・ポテトサラダ

・牛乳

 

4月26日(金)

 

・ご飯

・しょうが煮

・コリコリ炒め

・牛乳

 

4月29日(月)      

 

 

昭和の日           

4月30日(火)

 

・ココアパン

・鶏肉とじゃがいもの

 スープ

・パオシュウ    

・牛乳            

                                             

             「むかしばなし」~交野八景

【妙見の桜】

交野は古くから桜の名所でした。中でも有名なのが妙見の桜で、妙見川沿い750メートルにわたって桜が植えられ、桜の季節には、満開の桜が市民の目を楽しませています。

「またや見ん 交野の御(み)野のさくら狩 花の雪散る春のあけぼの」(藤原 俊(とし)成(なり))と、はるか昔から歌われた交野が原の一角の妙見河原の桜。

星田妙見宮と星田神社の間、妙見川の両岸を約400から500mにわたって、約300本の桜が咲く。ソメイヨシノ、山桜、彼岸桜などが咲き誇り、桜のトンネルを作る。「妙見の観桜」として、交野市の交野八景にも指定されている。新古今和歌集にも歌われた古の桜は、4月上旬から下旬に楽しめる。    

                          

 

献立のお話(本)紹介

 給食献立の料理や食材が登場するお話(本)を紹介します。

 交野市立の図書館や図書室でかしだしされています。

 学校の図書室でも探してみてください。

4月22日(月)

 ビーフカレー

 

   

 

「いろいろおふろはいり隊!」

 

作     穂高順也

絵     西村敏雄

発行所 教育画劇

4月23日(火)

 デミグラスソースハンバーグ

 

   

 

「もりもり小学校

 まほうのハンバーグ」

 

作 者  黛くみこ

発行者  坂井宏先

編 集  浪崎裕代・安倍まり子

発行所  ポプラ社

〜災害に備えましょう〜 

【防災①】
令和6年1月1日に能登半島地震が起こりました。被害も大きく、今も復旧作業が行われています。
大きな災害が発生すると、電気・ガス・水道などのライフラインが停止し、食品や日用品が手に入りにくくなります。日ごろから、家庭で水や食品を多めに備蓄しておくと、いざという時に安心です。
非常時に備えて最低3日分、できれば1週間分の水や食品を備えておくことが推奨されています。非常食にプラスし、普段の食品を少し多めに買い置きしておき、使った分を買い足す「ローリングストック」で、無理なく備えるのがおすすめです。    

                          

【防災②】

災害は、いつどこで起こるかわかりません。いざというときに自分や家族を、守るために、家族の状況に応じて備蓄品を用意しましょう。

洗う手間の省ける無洗米やアルファ化米

1人あたり、1日3Lが目安。

缶詰

肉・魚・果物等そのまま食べられるもの

インスタント食品 加熱不要のカレーやお湯で調理できるインスタント食品がおすすめ
嗜好品 ストレス解消に、エネルギーを確保できる、好きな物
カセットコンロ・カセットボンベ

温かいものが食べられるとホッとします。

カセットボンベは1人あたり1週間6本が目安。

※備蓄の目安=家族の人数×最低3日分(できれば1週間分を備えておくと安心)

 

 

この記事に関するお問い合わせ

学校給食センター
TEL:072-891-0098(直通)